ちゅ~る嫌いな猫にどうですか? おすすめポイント4つ!/いなば「ちゅるビ~」

食品

愛猫フェンは、世間で大人気の “ちゅ~る” に見向きもしません。困り果てていたところに「ちゅるビ~」というソフトドライタイプのおやつを発見しました。恐る恐る出してみると――

ちゅるビ~を食べる愛猫フェン

最初は「こんなの食べないよ…」と思っていましたが、大間違い! 食に厳しいフェンも気に入って食べ続けています。

この記事では本商品のレビューとして「ちゅるビ~をオススメする4つのポイント」をお伝えします。

スポンサーリンク

「ちゅるビ~」をオススメする4つのポイント!

  1. 1パック4袋入り(全6種類)
  2. 噛み心地のいい柔らかさ
  3. 小分けできる
  4. 手で簡単にちぎれる

【ポイント1】 1パック4袋入り、全6種類

1パック4袋入りで、全6種類あります(2020年1月現在)。味の種類が豊富なため、猫の好みに合わせて選べます。またローテーションも組みやすいです。

これなら長期間でも飽きずに食べてくれるかもしれません。ちなみにフェンは、「まぐろと焼かつお(赤色)」「ささみと焼かつお(緑色)」に飽きてしまい、「ささみと焼ささみ(オレンジ色)」ばかり食べていた時期があります。いまはローテーションしながら6種類まんべんなく食べています。

【ポイント2】噛み心地のいい柔らかさ

「ちゅるビ~」はソフトドライタイプのおやつです。ナゲットのような柔らかい生地で、中にクリーム状のものが入っています。見るからに美味しそうです。実際フェンも、いつもおいしそうに食べています。

ちゅるビ~を食べる愛猫フェン

私も食べてみました。噛み心地のいい柔らかさ、鼻に抜ける香り、なかなか美味しかったです。フェンがちゅるビ~を好きな理由がわかる気がしました。ちなみに酒のつまみにもよさそうです。

【ポイント3】小分けできる

ちゅるビ~は小分けできるので便利です。一袋を一気に出したり小分けにしたり。病院などで外出したときに、ちょっとだけ食べてもらうこともできます。我が家の場合、外出すると6時間ぐらい外にいることも。さすがに何時間も食べないとフェンもお腹が空いてしまいます。そんなときはちゅるビ~が大活躍です。

ちゅるビ~の使い方は様々です。色々なおやつと組み合わせてローテーションすれば、さらにバリエーションが増えるので楽しいですね! 家族がそれぞれ数粒ずつ食べさせることができます。「おやつを出せる権利」を分かち合えるため、家庭内が平和になるでしょう。

【ポイント4】手で簡単にちぎれる

ちなみにネットでは「一粒が大きくて、猫が食べにくそう」という意見がありました。しかし「半分にしたら食べられるようになった」そうです。

▼簡単に手でちぎれます。

ちゅるビ~を半分にする

食べさせ過ぎに注意!

ここまでちゅるビ~の良さをお伝えしてきましたが、ひとつ注意点があります。どんなおやつにも言えることですが「食べさせすぎに注意」してください。

理由は、メインのご飯(総合栄養食)を食べなくなってしまうからです。栄養が偏り、体を壊してはいけません。くれぐれも人間側でしっかりと管理を。

「ちゅるビ~」で楽しいおやつ時間を!

フェンがちゅるビ~を求める気持ちはハンパないです。我が家だけで言えば「人気」も食べて続けている「期間」も、ちゅ~るを超えました。

  • 愛猫のちゅ~る欲が落ち、新たな「定番おやつ」を探している方
  • ちゅ~るに飽きたけど、家族に言えずにいる猫たち

ぜひ一度「ちゅるビ~」を試してみてください。もしかしたら貴方と愛猫にも、新たな風を吹き込んでくれるかもしれませんよ。楽しいおやつ時間を!

\ ちゅるビ~を買ってみる!/

タイトルとURLをコピーしました