「キャンピングキャリー ダブルドア」を紹介している個人ブログは?

日用品

リッチェルの「キャンピングキャリー ダブルドア」は、愛猫・愛犬のことをよく考えて作られた商品だと思います。本商品について、いろんな方がレビューを書いています。そこで、個人的に購入検討の参考になると感じたブログを紹介します。

スポンサーリンク

購入検討の参考になるブログ3選

Rabistagram

犬は、狭い窮屈なところが好みなので、中でくるっと回転できるサイズなら大丈夫らしいです。

Sサイズでも、ラビは中で回転することができます。

でも、寝るときの姿勢を見ていると、窮屈そう。

ひっくり返ってのびのび寝かせてあげたいなと思い、Mサイズに変更しました。

Mサイズは、体重4キロのラビが寝ても十分手足が伸ばせる広さ。

のんびり熟睡しているのを見ると、サイズアップしてよかったなと思います。

【レビュー】リッチェルキャンピングキャリーSからMにサイズアップ。大きさの比較。 – Rabistagram

つつじろぐ

自分から入らないわんこは、出し入れを考えれば天井が開くタイプが便利でしょう。

移動の時だけでなく、室内でのクレートとして利用したり使い勝手は良いため、用途を考えてサイズを選ばれたほうがいいと思います。

わが家は耐荷重が5㎏のSサイズを選びましたが、災害時や病院などへの持ち運びを考えた場合は小さくてよいのですが、車の中に乗せて使うには狭くてかわいそうなので、ワンサイズ大きいものにすればよかったです。

そういえば、つつじよりも小さい子でしたが、保護団体さんが使用していたのはMサイズでした。

持ち運び用にするなら、全てのタイプにつけることができる肩紐(別売)があったほうが便利ですね。

サイズ選びに失敗!リッチェル キャンピングキャリーは、クレートとしても便利 | つつじろぐ

ベンガル猫のテトとピノ

1年ほど、リッチェルの『キャンピングキャリー ダブルドア』を使い続けましたが、やはりこのキャリーを選んで正解でした。確かにプラスチック製で硬いので、持ち運ぶ飼い主が快適とは言い切れません。ただ、猫にとっての安全性や利便性を考えると、『キャンピングキャリー ダブルドア』は最も優秀と思えるキャリーでした。

『リッチェッル キャンピングキャリー ダブルドア』を飼い猫と使ってみたら、通院に最適なキャリーだった!|ベンガル猫のテトとピノ

※順不同

当ブログでもレビューを書いています!

僭越ながら、当ブログでも本商品のレビューを書いています。よければご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました