猫を病院に連れて行くときにオススメのキャリーは?

日用品

猫を病院に連れて行くとキャリーの中で固まってしまうことがあります。無理やり引っ張り出そうとすれば怪我をさせてしまうかもしれません。それでは本末転倒です。

このような問題が起きてしまうのは、

  • 扉が一つしかない
  • 分解できない

こういったキャリーケースを使っているからです。

リッチェルの「キャンピングキャリー ダブルドア」なら、上述した問題が解決できます。

スポンサーリンク

上部扉が猫の出入りに便利

このキャリーは正面と上部に扉があります。愛猫フェンは動物病院に行くと、キャリーの中で固まって動かなくなってしまいます。そんなときは以下のように、上部ドアを開けてフェンを抱き上げ診察台にのせます。

上部扉を開けて――

フェンを抱きかかえて出します。

キャリーの上半分を外して診てもらう

また、このキャリーは分解できます。どうしても扉から出せないときは上だけ取り外してそのまま診察してもらいます。

このキャリーは通院に最適です!

リッチェルの「キャンピングキャリー ダブルドア」は通院のとき最適なキャリーです。日常的にキャリーを使う人はあまりいないと思いますが、いざというときに使い勝手が悪いと猫も人もストレスになります。

人も猫も無理をしない、無理をさせない。このキャリーは使っていて本当に楽です。

タイトルとURLをコピーしました