「自分を変えたい」「強くなりたい」 愛猫が私を変えた! 生まれて初めてゴキブリを手で捕まえた話【アンケート】

スポンサーリンク

人生は長い。「いまよりも強い自分だったら」と思うこともある。私自身、苦手なモノを克服するために自分を変えようとしたこともあった。しかし、自分を変えることは簡単なことではない。ただ、そんな私でも猫と暮らしはじめたことで「あるモノ」を掴み取ることができた!

その「あるモノ」とは、私がこの世で一番苦手なゴキブリだ。そんな私が、ビニール手袋をはめて2匹のゴキブリを掴み取り退治した。ビニール手袋をはめていたとはいえ、なぜ手で捕まえることができたのか? それはすべて愛猫フェンのためだ。

1日で2匹ゴキブリ出現

1匹目は部屋の壁の上の方にいた。床には黒いカーペットが敷いてある。殺虫剤を大量に噴射して退治することも考えたが、そこはフェンの遊び部屋。大量に散布した殺虫剤がカーペットに染み込んでしまうとフェンが危険だ。

しかし、上の方にいるゴキブリを何とかして落とさないことには何も対処できない。私はゴキブリに殺虫剤を少しだけ噴射して弱らせることにした。ゴキブリはすぐに落ちてきた。弱っているとはいえ、まだ動きは速い。手に持っていた殺虫剤を噴射……しようとしたが思いとどまった。カーペットに染み込んでしまうとフェンが危険だ。しかし、黒いカーペットの上でゴキブリを見失ったら面倒なことになる。家具の裏で死なれても困る。

私はとっさにビニール手袋をはめた手でゴキブリを捕まえた! 手のひらの中で、固く柔らかいソレが動いているのが分かる。私は手袋を裏返しながら外し、ゴキブリをそのまま中に閉じ込めた。さらに、それを紙でくるみ……握り潰した。

2匹目が現れたのは約6時間後。玄関の内扉の上の方にいた。1匹目と同じく殺虫剤を少し噴射。弱って落下したところを、ビニール手袋をはめた手で捕まえた。ビニール手袋を裏返しながら外し、中に閉じ込めた。そして、紙にくるみ……握り潰した。

愛猫の安全が最優先

それまではビニール手袋をしていても、ゴキブリを手で捕まえるなんて不可能だった。2匹目を捕まえるときは、自分の中のストッパーが外れている気さえした。むしろ2匹目が登場した時点で、はじめから手で捕まえる気満々だったのかもしれない。

フェンと暮らす前の私なら、大量の殺虫剤を噴射してゴキブリに対処していた。自分の身の安全が最優先だった。しかし、いまは愛するフェンがいる。自分よりもフェンの安全が最優先だ。その結果、ゴキブリを手で捕まえることが一番効率が良かった。

もちろんゴキブリと対峙し、退治したときは、全てを冷静に判断していたわけではない。手が反射的に動き、ゴキブリを捕らえていた。例えるなら、ボクシング選手が反射的に相手のパンチを避けると同時に、カウンターパンチを食らわせるような感覚に近いかもしれない。

人は愛する者ためなら、ゴキブリよりも強くなれる可能性がある。私自身、今回の一件を機に少しだけ強くなれた気がする。

人は変われる――。あなたも愛猫のために、ビニール手袋をはめてゴキブリを捕まえてしまおう。そこから新たな自分探しの旅が始まるはずだ。Good luck!

なお、今回ゴキブリを見つけることができたのはフェンが私にサインを出してくれたからだ。これについては「猫のイタズラは「何か」を伝えるサイン / 愛猫が見つめる先にゴキブリが…」を参照してほしい。

文:Bobo

アンケート

Q. ゴキブリを手で捕まえたことが……

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...

▼関連記事

▼私が使ったビニール手袋