【猫キャリー】ダブルドア便利! 猫が快適、広々空間がオススメ / リッチェル「キャンピングキャリー ダブルドア(Mサイズ)」

スポンサーリンク

猫と一緒に移動するときはキャリーケースが必要不可欠だ。特に、動物病院へ行くときは必要になる。とはいえ、キャリーケースにはたくさんの種類がある。猫と暮らし始めたばかりの人は、どれを選んだらいいのか迷ってしまうだろう。買い替えを検討している人も、種類の多さに頭を悩ませるかもしれない。

今回は、愛猫フェンが使っているリッチェル「キャンピングキャリー ダブルドア(Mサイズ)」を紹介したい。猫の快適さを最優先で選んだら、この商品一択だった。

キャンピングキャリー ダブルドア(Mサイズ)

■小型犬・猫用
■体重目安
/8kg以下
■サイズ/
・外寸:36.5×57×36.5H(cm)
・内寸:33×52.5×32.5H(cm)
・前扉開口サイズ(扉取り外し時):28×29.5(cm)
・上扉開口サイズ:23×33(cm)
・収納時サイズ:36.5×57×22H(cm)
■製品重量/2.4kg
■材質/
・本体・ハンドル・扉ロックケース・ベルト取付部・上扉ロックケース:ポリプロピレン
・バックル・バックル軸・扉ロック・上扉ロック・上扉軸:ABS樹脂
・上扉:ポリカーボネート
・扉・扉軸:スチール(ポリエステル粉体焼付塗装)

▼クリックで画像拡大

一番のメリットは「大きさ・広さ」

この商品でおすすめしたいポイントは4つ。まず1つ目は「大きさ」。このキャリーケースは空間が広い。人間も狭くて窮屈な空間より、広い空間のほうが居心地が良い。それは猫も同じではないだろうか。

寒い日に出かけるときは、毛布などが入れやすい。

水を入れた容器を置くこともできる。

お気に入りのオモチャや、爪とぎを入れることもできる。

2つ目は「ダブルドア」。扉が2つあるため、正面と上部から出入りができる。正面扉は、右からも左からも開閉できる。

フェンは動物病院に行くとキャリーの中で動かなくなってしまう。そんなときは、上部ドアを開けてフェンを抱き上げることが多い。保護猫活動をしてる方も「上が開けられるキャリーケースは便利!」と話していた。

3つ目は「掃除のしやすさ」。このキャリーケースは内部構造がシンプルで掃除がしやすい。

他社製品でトイレシートを取り付けられるものがある。しかし、内部の作りがシンプルではないため、掃除が面倒に感じることがある。日常使いする物は汚れやすいため、掃除はできるだけ楽なほうがいい。

4つ目は「解体のしやすさ」。使わないときは解体してコンパクトにすることができる。半分くらいの大きさになるため、収納しやすくなる。

デメリットは「重さ」

ただし、どんな良い商品にもデメリットはある。このキャリーケースのデメリットは「重さ」だ。大きい分、重さがある。男の私ですら、フェンを入れて持ち運ぶと「重さ」を感じる。本体重量が約2kg、フェンの体重は約4kg、合わせると計6kgほど。さすがに片手で持ち続けるのは辛い。

専用ストラップを使うことで多少カバーできる。しかし、重いものは重い! 正直、万人におすすめできる商品ではないかもしれない。

「猫の快適度」と「人間の利便性」のどちらを優先させるべきか……悩ましいところだ。

人間だって、狭い空間はストレスになる

キャリケース選びは「人間目線」ではなく、「猫の目線」で考えることが重要ではないだろうか。「猫の快適さ」を最優先にすると、必然的に大きめのキャリーケースを選ぶことになる。私を含め多くの人は、軽い・コンパクトといった「人間にとって快適なキャリケース」をつい選びがちだ。

2018年7月4日、まだ子猫だったフェンを動物病院へ、リッチェルのキャリーケースで迎えに行った。そのとき、看護師さんは「大きさ完璧!」と言ってくれた。数万頭の猫と接している看護師さんの目線だと「大きいくらいで丁度いい」ということだったのかもしれない。

▼フェンが我が家に来た日

本当のところ、私はキャリーケースが届いたとき「大きすぎたかも……」と思った。しかし、フェンの快適度を考えると、このキャリーケースで良かったと実感している。

迷ったら「快適度」を優先したほうがいい

「猫は狭いところが好き」と言われている。たしかに、自分の意志で狭いところにいるならストレスにはならないだろう。しかし、無理やり狭い空間に閉じ込められるとなると話は別だ。自分の意志で入っているわけではないためストレスを感じる可能性は高い。くわえて長時間の移動となれば、さらにストレスは増すだろう。

キャリーケース選びに迷ったとき最優先に考えること……それは中に入る猫の「快適さ」だ。そうすれば、その子にあったキャリケースが見えてくるはずだ!

関連リンク:リッチェル
文:Bobo / 編:Wakame

▼右からも、左からも開閉できる!

▼取り外し可能

▼上部ドアこれが何気に便利!

▼掃除しやすい!

▼解体できる

▼ストラップはあると便利だ!

▼外出すると犬と勘違いされる。フェンが「ニャー」と言うと多くの人が振り向く

▼フェンは昼寝で使っている

▼商品リンク