【獣医師に聞いた】猫のご飯、時間を決めるかは条件による

スポンサーリンク

猫の食事量が減ってしまい、困ったことはありませんか? こんな時、ご飯は出しっぱなしではなく、時間を決めて出したほうがいいのでしょうか? かかりつけ獣医師に聞いてみました。

我が家では、愛猫フェンがいつでも好きな時にご飯が食べられるよう、ドライフードを出しっぱなしにしています。

フェンが食べているドライフードの適正量は、およそ70g。ただ、ここ一ヶ月ぐらいは半分以下に減ってしまいました。多いときで40g、少ないときは10gほどしか食べません。

見たところ具合が悪そうな様子もなく、元気に遊んでいます。それでも病気などの可能性を考えると不安になります。

時間を決めるのは難しい

――家ではドライフードを出しっぱなしにしています。最近フェンの食事量が減っているのですが、ご飯を出す時間を決めたほうがいいのでしょうか?

獣医師「猫はちょこちょこ食べる習性があるので、無理に時間指定するのは難しいかと思います。食事量が少なくても、体重が減っていなければ問題ないでしょう。ただ、体重が極端に増えているようであれば、置きっぱなしにして量を減らすなどして食事量を制限したほうが良いかもしれません。一日に必要な量を決めて、食べ終えたら翌日にあげるようにするといいでしょう」

決めたほうが良いという意見も

一方で、時間帯を決めて与えたほうが良いという意見もあります。

「猫にご飯を与える場合、時間帯を決めて与えたほうが良いです。時間帯を特に決めず、ご飯のお皿がからっぽになったらキャットフードを与える方法もありますが、この方法だと猫が一日にどのくらい食べたか把握することが難しくなります。そのため、体調不良で食が細くなっている時など、異変に気づきにくいといったデメリットがあります」

ねこちゃんホンポ

時間を決めるかは条件による

今回は獣医師と相談して、「ご飯を出す時間は決めず、一日に食べる量は決める」という方針になりました。

ただし、ご飯を出す時間を決める決めないは、条件によって変わるため、やはり獣医師に相談するのが良いかと思います。

文章:Wakame
編集:Bobo