【猫オモチャ】「ねずみ」羊毛フェルトで自作! 愛猫への愛情も深まった気がする!!

スポンサーリンク

猫じゃらし・紐・ダンボール・ビニール袋……猫オモチャは数あれど、いつも同じモノでは猫も飽きてしまう。

愛猫フェンもそうだった。猫オモチャをいくつも試したが、どれも飽きてしまい反応しなくなった。そこで試しに、クリスマスツリーの飾りで使う「羊毛ボール」を出してみたところ、狂喜乱舞! めでたしめでたし。おしまい……じゃな~い!!

このままでは、また飽きる日が来てしまう。そこで今回は「羊毛ボールを応用した猫オモチャ」をご紹介したい。

自作・羊毛オモチャ「ねずみ」

このオモチャの名前は、ズバリ「ねずみ」だ。

羊毛フェルトとプレゼント用リボンを組み合わせて作製した。「ねずみ」の構造は以下のとおり。

材料と道具

材料の「羊毛フェルト」と「プレゼント用リボン」は、それぞれ 100均のダイソーで購入。作製に欠かせない道具「フェルトパンチャー」は Amazon で購入した。

▼羊毛フェルト(100円+税)

▼プレゼント用リボン(100円+税)

▼フェルトパンチャー(1200円ぐらい)

ちなみにフェルトパンチャーには、先端の針が 1本のタイプと、数本のタイプがある。私が使っているものは 3本針。ダイソーでは 1本針を販売しているが、それだと作業効率が悪い。

3本針だと作業が 3倍早くなる……わけではないが、少なくとも体感で 2倍は早くなった。

Clover フェルトパンチャー3本針 58-602
クロバー(Clover)
¥1,430(2019/11/15 19:10時点)

針は折れやすい

針はとても細いため折れることもある。念のために予備の針を用意しておくことをおすすめする。ちなみに針は羊毛フェルト界で「ニードル」と呼ばれている。

実は以前、作業中に針が折れたことがあった。その際、予備の針を用意し忘れていたため、数日のあいだ作業ができなかった。

作り方 参考動画

「羊毛ボール 作り方 ニードル」で検索し、作り方をサイトや動画で確認するといいだろう。私は以下の動画を参考にした。

はじめて作るフェルト羊毛 Lesson1 ボール
はじめて作るフェルト羊毛 Lesson1 ボール – YouTube

愛猫への愛情が深まった気がする!

羊毛で作るオモチャは完成までに時間がかかる。私は「ねずみ」の作製に3時間ほど費やした。たしかに時間はかかるが、完成したときはなんとも言えない達成感があった。愛猫フェンへの愛情も、より深まったような気がする。

羊毛オモチャの自作は万人におすすめできることではない。しかし時間があるときに、ぜひチャレンジしてみてほしい!

参考リンク:YouTube
執筆:Bobo
編集:Wakame

・ ・ ・

▼上から初代・2代目・3代目。フェンは初代がお気に入り!

▼フェルトパンチャーがあれば、ほつれた羊毛を補修できる!

・補修前

・補修中

・補修後

▼商品リンク

Clover フェルトパンチャー3本針 58-602
クロバー(Clover)
¥1,430(2019/11/15 19:10時点)