「レボリューション6%」と「レボリューションプラス」の違いは? マダニ駆除ができるかどうか【メーカー確認済】

ノミ・ダニ駆除、フィラリア予防の薬として、ゾエティス・ジャパン株式会社が製造販売する『レボリューション(レボリューション6%)』を猫に投与している方は多いでしょう。

ところで、2018年10月に同社から『レボリューションプラス』という新しい商品が発売されたことはご存知でしょうか? 

もしかしたら「いつも通っている動物病院で、いつのまにか切り換わっていた」という方もいるかもしれませんね。

そこで今回は、『レボリューション6%』と『レボリューションプラス』の違いを比較していきます。

【旧】レボリューション6%

レボリューション6% | Zoetis JP

駆除(予防)できる寄生虫(4種)

  • ノミ
  • ミミヒゼンダニ
  • フィラリア(予防)
  • 回虫

【補足】※1 鉤虫駆除について(メーカー確認済)

【新】レボリューションプラス

レボリューションプラス | Zoetis JP

駆除(予防)できる寄生虫(6種)

  • ノミ
  • ミミヒゼンダニ
  • フィラリア(予防)
  • 回虫
  • 鉤虫
  • マダニ

マダニ駆除の効能追加

旧商品の『レボリューション6%』で使われている有効成分「セラメクチン」に、有効成分「サロラネル」が新たに加わりました。それによりマダニを駆除する効能が追加されました。

ノミ駆除の時間短縮

有効成分「サロラネル」が加わったことにより、ノミを100%駆除する時間が “48時間→24時間” に短縮されました。

旧新を比較

 レボリューション6%レボリューションプラス
ノミ
ミミヒゼンダニ
フィラリア(予防)
回虫
鉤虫×※1
マダニ×※2
ノミ駆除時間48時間24時間

※1 鉤虫駆除について(メーカー確認済)

製造販売元のゾエティス・ジャパン株式会社に問い合わせたところ 『レボリューション6%』でも鉤虫を駆除する効能はあったようです。

しかし「日本では農林水産省に認可を取らなかったため説明書などに記載できなかった」とのこと。

なお「海外では鉤虫駆除に関して認可を取っていた」とのことです。

※2 SFTSウィルスを駆除はできない(メーカー確認済)

宮崎日日新聞は2019年7月12日に、宮崎県内在住の60代と80代の男性2名が、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)で 死亡したと伝えています(参考)。

また国立感染症研究所によると、2019年6月26日現在、全国で66名が死亡したと発表しています(参考)。

SFTSはマダニを媒介する感染症で、猫・犬にも感染することが山口大学共同獣医学部の研究によって明らかにされています(参考)。

ところで『レボリューションプラス』で、SFTS感染を根本から防ぐことはできるのでしょうか? 早速、ゾエティス・ジャパンに確認したところ、

「SFTSを発症させる原因となる “SFTSウィルス” を駆除することはできません。ただ、SFTSの感染リスクを下げることはできるかもしれません」

との回答でした。

旧新の副作用情報

動物医薬品検査所(農林水産省)のページから、猫・犬に使う薬の副作用情報を見ることができます。

以下の記事で、検索方法などを説明しています。ご参照ください。

「レボリューションプラス」になって変わったこと

『レボリューション6%』から『レボリューションプラス』になったことで以下の部分が変わりました。

  • 従来品に比べてノミ駆除効果が早まった
  • マダニが駆除できるようになった(SFTSウィルスの駆除はできない)
  • 鉤虫駆除の効能の認可を取ったことで表記できるようになった

いままでマダニを駆除するには、別の薬を併用する必要がありました。薬を2つ使うということは、その分費用もかかります。

一つの薬で対処できるようになったことは、消費者としてメリットを感じます。そして何より、愛猫の負担を多少なりとも減らせることに大きなメリットを感じています。

文:ヒトスジリョウカ

▼『レボリューションプラス』詳細

▼参考リンク