避妊手術後にあらわれた、愛猫の“3つ”の性格の変化

スポンサーリンク

一般的に、猫は避妊手術後に性格が変わると言われています。

  • 甘えっ子になる
  • 穏やかになる
  • 言うことを聞くようになる

このような変化が見られることもあるようです。

我が家の愛猫フェンも、1ヶ月ほど前に避妊手術を受けました。避妊手術を受けた影響かどうか分かりませんが、少しだけ性格の変化を感じました。

そこで今回、「避妊手術にあらわれた、愛猫の“3つ”の性格の変化」をお伝えします。

手術前の性格は『ギラギラ系』

フェンはもともとギラギラ系です。『ギラギラ』というのは、病院で先生がおっしゃっていた言葉です。おそらく…

  • 簡単には触れさせてくれない
  • やる気満々
  • 闘争心が強い

このような意味だと、私は解釈しました。

手術を受けてから約2週間。フェンの性格に、これといった変化は感じられませんでした。ですがその後、少しづつ変化がでてきました。

(1)甘える仕草をするように

1つめの変化、それは「以前よりも甘えるようになった」こと。

フェンの頭に触れると「グルルッ」と声をだすように。その際、手のひらに頭を強く擦りつけてくれます。

手術前も、多少は甘えてくれることもありました。ですが声を出したり、頭を擦り付けるような仕草はほとんどありませんでした。

(2)大きな声で私たちを呼ぶ

2つめの変化は「大きな声で私たちを呼ぶ」こと。

避妊手術前に大きな声を出していたのは、発情期のときくらい。それ以外、あまり大きな声を出すことはありませんでした。

また呼ぶときは、私たちのどちらかが、

  1. 出かけている
  2. トイレに入っている
  3. 寝ている

ということが多いです。

さらに呼びながら、寝室のドア、トイレのドアを開けようとすることもあります。たまに開けてしまうことも。ドアノブを激しく「ガシャガシャ!」とやるので、フェンが怪我をしないか心配になります。

▼扉を開けるフェン

扉を開ける猫
扉を開ける猫 – YouTube

(3)獣医師に対して友好的に

3つめに感じた変化は「動物病院の先生に対し、友好的になった」こと。

避妊手術前は、先生が触れようとすると「シャーッ」と激怒。先生が、頭や身体を撫でることはできませんでした。レントゲンを撮ろうものなら、病院中にフェンの怒りの雄叫びが響いていました。

しかし手術後、先生が触れてもフェンは抵抗しませんでした。それどころか、先生の手をぺろぺろと舐めていました。フェンの中で、先生と友好条約が締結されたのかもしれません。今後の診察が、おだやかであることを期待しています。

おわりに

避妊手術を受けたフェンは、以前よりも甘えるようになったと感じています。

もともとフェンは、ギラギラ系の性格。手術を受けたことで“甘さ”が加わり、『甘ギラ系』になりました。(甘える + ギラギラ  = 甘ギラ系)

「3つの変化」全てが、避妊手術の影響なのかは分かりません。ですが、1つだけハッキリしていることが。それは「フェンが手術を頑張った」ということ。

フェンのための避妊手術ではありました。ですが私たちが「人間都合」で進めた手術ともいえます。

フェンの性格の変化は、フェンが頑張った“証”です。また、手術をすると決めた私の“責任”でもあります。私はフェンの親として、この『責任』を強く胸に刻んでおきます。