【一ヶ月使用レビュー】愛猫、跳ぶ! とにかく跳ぶ!! ポイントは「安全性」/「びょんびょんじゃらし トリプル」

スポンサーリンク

猫のオモチャといえば……そう「猫じゃらし」。定番中の定番です。今回紹介するオモチャ「びょんびょんじゃらし トリプル」は、その猫じゃらしが“進化”したもの。この商品は言わば祭りのガヤガヤ感のようなオモチャです。飾ってオシャレ、見た目がカワイイというものではありません。購入してから約一ヶ月。使ってみたレビューを書いていきます。

『びょんびょんじゃらしトリプル』愛猫フェン、跳ぶ!
『びょんびょんじゃらしトリプル』愛猫フェン、跳ぶ! – YouTube

愛猫フェンが、定番の猫じゃらしに飽きてしまったため購入。早速フェンと遊んでみると……まるで別人、否! 別猫に変わったかのように狂喜乱舞!! フェンと私は一瞬でこのオモチャの虜になりました。

チューブに仕掛けがたくさん!

長い柄の先に、長[細](ピンク)・中[太](オレンジ)・短[細](イエロー)の、網状のチューブが3本ついています。チューブ部分は大きく振ると、約1.2倍伸びます。

▼太チューブには鈴が3個、細チューブには鈴が1個ずつ入っています。

▼それぞれのチューブの先端には、羽毛が付いています。

▼持ち手は良くしなります。よほど乱暴に扱わないかぎり折れることはないでしょう。

■注意点
ただ、一点だけ気になることが。先端の羽毛は接着剤で取り付けているだけのようです。猫の爪に引っかかると、羽毛が取れてしまうことがあります。誤飲しないよう十分気をつけてください。

我が家の場合は、購入から数日で取れてしまいました。修復することも考えましたが、難しい作業になりそうな予感。結局、安全性に問題なさそうという自己判断のもと、現在も羽が取れたままの状態で遊んでいます。

以下、おすすめポイントです。

絡みづらいチューブが◎

この商品の一番のおすすめポイントは「絡みづらいチューブ」です。

通常、このような長い紐状のオモチャは、遊んでいる最中に猫の身体に絡まってしまう危険性があります。手・足・首・尻尾などに絡むと非常に危険です。

以下は、普通の紐を使った自作オモチャ。実際にこれで遊んでいるとき、フェンの身体に絡みそうになったことがありました。

フェンの身体に絡みそうになった自作オモチャ

普通の紐は摩擦抵抗が高く、一度絡むとほどけにくいです。そのまま動かし続けると結び目がどんどん固くなってしまいます。

しかし、『びょんびょんじゃらし トリプル』は表面がツルツルしています。

摩擦抵抗が低いため、通常の紐のように絡まってしまうことがありません。たとえ絡まっても簡単にほどくことができます。このように絡みづらい素材を使い『安全性』が感じられる部分は、評価できるポイントです。

愛猫フェン、跳ぶ!

袋から出した瞬間……いままで見たことがないくらい興奮していました。飛び跳ねる、走る、壁に激突。まさに一心不乱。商品に「何か特殊なモノ」が練り込まれているのでは、と思うほどの動きでした。フェンの反応が凄まじいので、つられて私もどんどんテンションが上がっていきました。

このオモチャには猫が好みそうな要素がたくさん詰まっています。猫のオモチャに対するアース・ペットの情熱が伝わってくるようです。

『びょんびょんじゃらしトリプル』愛猫フェン、跳ぶ!
『びょんびょんじゃらしトリプル』愛猫フェン、跳ぶ! – YouTube

愛猫がオモチャに飽きてしまった……。そんなとき、このオモチャは皆さんと愛猫の間に、新たな風を吹き込んでくれるかもしれません。興味のある方は、検討してみてください。

関連リンク:アース・ペット株式会社
文章:Bobo
編集:Wakame

・・・

▼商品リンク

メーカーアース・ペット株式会社(アース製薬株式会社の関連子会社)
材質:ナイロン、PVC(ポリ塩化ビニル)、羽毛、鉄
品名:NMびょんびょんじゃらし02/トリプル
品番:NMBJ-02(Made in China)
JANコード:4975023680941

▼以下は同シリーズ「びょんびょんじゃらし ロング」のレビュー

▼その他、同シリーズ商品