「猫の下痢」避妊手術後は一時的なもの

スポンサーリンク

避妊手術後にフェンが「下痢」になってしまいました。と言っても一時的なもので、フェンの場は4日ぐらいで下痢が治まりました。

手術前後の、便の状態

・手術当日(手術前に家で)

  • AM 5:53/固形便

・手術翌日

  • PM 9:02/全下痢

・手術から2日後

  • AM 6:37/全下痢
  • PM 7:06/固形便と、少量の軟便

・手術から3日後

  • PM 6:29/固形便と、少量の軟便

・手術から4日後

  • PM 11:24/固形便

下痢の原因

全下痢が心配だったため先生にお伺いしました。

「手術する際に使った薬剤などで、一時的な下痢を起こす可能性があります。病院で預かったストレスでも、一時的な下痢を起こす可能性が考えられます。もし一過性のもので薬剤などの影響であれば、日にちが経てば治まってくるでしょう。」

さらに、

「様子を見て治まるようであれば、下痢止めは必要ありません。ただ下痢が続くようであれば飲ませてもいいかもしれません。」

とのことでした。

まとめ

避妊手術から4日後に、フェンの下痢は治まりました。実はフェンは避妊手術前まで、慢性的な下痢がありました。

しかし今回の下痢は「おそらく手術の影響によるものだろう」とのこと。

手術後に愛猫の様子がいつもと違うと感じたら、すぐ獣医師に相談することをおすすめします。