愛猫がオモチャに飽きたとき試したこと

スポンサーリンク

愛猫(フェン)がオモチャに飽きて、反応しなくなってしまいました。遊びたくて「ニャーニャー」と訴えてきますが、飽きたオモチャでは遊びたくない様子。どうしたものかと困ってしまいました。

そこで今回は「愛猫がオモチャに飽きたとき試したこと」を書いていきます。

(1)遊び方を変える

過去、フェンが猫じゃらしに飽きてしまったことがあります。それまでは気に入って一所懸命遊んでくれてたのですが、床の上で左右に振るなど、単調な動きが続いたせいか遊ばなくなってしまいました。

そこで初めに試したことは、私達の遊び方を変えることでした。

今までと違う動かし方で遊んでみました。上下に振る、私の足の下を通す、壁を使う、カーペットの下に隠すなど、思いつく限り工夫してみました。フェンは少しトリッキーな動きの方が好みだったようです。

フェン、じゃらしに滾る
フェン、じゃらしに滾る – YouTube

同じオモチャでも動きを変えることで、また遊んでくれるようになりました。

(2)おもちゃを自作する

ですが遊び方を変えても、結局は同じオモチャです。残念ですが、いずれ飽きる時がきます。

そこで次に試したことは、おもちゃの自作。ダンボール、ひも、ビニール、羊毛などでオモチャを自作しました。

作りたいオモチャのイメージができれば、色々なオモチャを生み出すことができると思います。とはいえ「新しいオモチャの発想なんてポンポン浮かばない」という方もいるかもしれません。私もそうです。

私の場合ですが、赤ちゃんや小さな子供向けの自作オモチャの作り方が参考になりました。以下は、自作オモチャのインスピレーションを受けたサイトです。

以下の画像は、私が自作したオモチャです。

自作オモチャ

こちらはフェンが自作オモチャで遊んでいるところを撮影した動画です。

三角跳びをするフェン
三角跳びをするフェン – YouTube

(3)新しいオモチャを買う

自作オモチャもしばらくすると、やはり飽きてしまいます。これはどうしようもありません。私のような素人では発想力に限界があります。最終手段として、新しいオモチャを買いました。以下は買ったばかりのオモチャで遊ぶフェンを撮影した動画です。

「びょんびょんじゃらし」で踊る
「びょんびょんじゃらし」で踊る – YouTube

やはりフェンにとって新しいオモチャは、ジャスティス(正義)のようです。自作オモチャよりも楽しそうに見えます………。

過去、フェンが猫じゃらしに飽きてしまったとき、同じ猫じゃらしの新品を出してみました。すると、また遊んでくれるようになりました。以下は、その時の様子を撮影した動画です。

新しい猫じゃらし
新しい猫じゃらし – YouTube

物は同じでも、フェンにとって“新しい”はジャスティス(正義)なのかもしれません。

おわりに

オモチャに飽きてしまうことは仕方ありません。とはいえ新しいオモチャをどんどん買うというのも違う気がします。

そんなときは、既存のオモチャで違う動きをする工夫をしたり、自作のオモチャを作ってみてはいかがでしょうか。それでも上手くいかないときは、最終手段として「新しいオモチャ」に助けてもらうといいかもしれません。

以上、ご参考いただければ幸いです。