[2019-04-17 受診日]便検査「異常なし」→ 抗生物質で様子見に[3.70kg]

スポンサーリンク

4月17日、かかりつけの病院へ行ってきました。今回はフェンの便検査をしていただきました。ちなみに今回初めて体重が50g減っていました。

便検査は「異常なし」

■下痢
水のような下痢ではありませんが、固形の便に粘性の高い下痢状のものがまとわりついていたり、最後の一絞りが粘性の高い下痢という状態が続いています。

■排泄後の様子
排泄後のフェンの様子は体調が悪そうということもなく、ハイテンションで走り回ることが多いです。

■2018年10月頃から
私達がフェンの下痢を認識したのは2018年10月頃。それまで軟便だったことはあっても、下痢だったことはありませんでした。

前日の夜に出た便を、密閉できる袋に入れて持ち込みました。トイレ砂がついていても大丈夫だそうです。

便検査の結果ですが、今回は何も見つからず異常はありませんでした。

・慢性下痢症の原因

慢性下痢症とは、2週間以上続いてる下痢だそうです。原因として以下の4つが考えられると先生から伺いました。

  1. 抗生剤反応性下痢
  2. 食事反応性下痢
  3. 寄生虫疾患
  4. ステロイド反応性下痢

一つずつ試して、改善がみられなければまた別の対処をすることになりました。

ちなみに、ストレスから来るのは一過性の下痢だそうです。

抗生物質で様子を見る

まずは抗生物質で様子を見ることになりました。食事はいつも通り、抗生物質を一日2回、8日間飲みます。

フェンにとって抗生物質の粒は大きくて、とても苦いと思います。実際、私の手についたわずかな抗生物質を舐めましたが、かなり苦い味がしました。なんとかフェンには頑張って飲んでもらおうと思います。

その後については、後日記載します。

・2019/04/26 追記:食事を変えて様子を見ることに