【追記あり】これは食べた! カリカリを食べない愛猫の救世主となるか? / 総合栄養食ドライフード「CIAO すごい乳酸菌 クランキー」(いなばペットフード)

スポンサーリンク

初めて「CIAO すごい乳酸菌 クランキー」を購入。なんと袋の裏には総合栄養食(以下、総栄)の記載が。サイトにもそんな情報はなく、届いて初めて気づきました。これで愛猫フェンが食べられるドライフードが増えるかもしれないと大興奮! 嬉しい誤算です。

総合栄養食「CIAO すごい乳酸菌 クランキー」

いなばの総栄はウェットタイプのみと思っていたため意外でした。

▼外装パッケージ

▼総合栄養食の表記が

▼中身

「CIAO すごい乳酸菌 クランキー」は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。

ドライフードがあまり好きではない

フェンはドライフードがあまり好みではありません。それでも、CIAOシリーズ『焼かつおCrunky(クランキー)』はそれなりに食べてくれます。

▼CIAO 焼きかつおクランキー4種

しかし、これはオヤツ。「クランキーの総栄があるといいな~」とずっと思っていました。 フェンの身体のことを考えると、やはり総栄ドライフードを食べてほしいところです。

ちなみにフェンのオヤツは毎月1日、11日、22日に「ペットの専門店コジマ オンラインショップ」でポイント5倍になるので、その時にまとめて購入しています。

いままで食べていたドライフード

いままでフェンが食べていたドライフードは、ロイヤルカナンの総栄「pHケア フィッシュ」です。それまで同社の準療法食「ベビーケア」と「キトンケア」を食べていました。

▼ロイヤルカナン PHケアフィッシュ

はたして救世主となるか!?

フェンの場合、同じものを食べ続けられないことが多いため、総栄ドライフードもなるべく色々なものを用意したいと考えています。ですが、フェンが食べてくれるものは今のところロイヤルカナンのみでした。

さらに、フェンはどちらかというと食が細く、なんとか総栄ドライフードを食べている状況です。やはり「ちゅ~る」や「ちゅるビ~」といったおやつの方が食が進むようです。

今後のフェンの食べっぷりにもよりますが、すごい乳酸菌クランキーは救世主になってくれるのではと期待しています。

関連リンク:ペットフード公正取引協議会・会員一覧
文:Bobo

―― 追記(2019年5月14日)
フェンは下痢を繰り返していたため、除去食試験による食事の見直しを行っていました。その時に食べていたのが「[受診日 5/8]下痢改善の報告 → 除去食試験の継続[3.55kg]」で書いたドライフードです。私達にとって、まさに救世主でした。

――追記(2019年5月25日)
試験開始当初は「すごい乳酸菌クランキー」も1日あたり20g前後と、良い食べっぷりとは言えませんでした。現在(追記日)は1日あたり70g前後、多い日で100gほど食べてくれるようになりました。

――追記(2019年7月18日)
現在もフェンは「すごい乳酸菌クランキー」を食べ続けています。量は一日あたり 100g ほど。少し食べすぎてしまったか、体重も 3.75kg → 4.25kg になってしまいました。

ダイエットをするため一日の摂取量を70g前後に調整していこうと考えています。とはいえ、ちゃんと食べられる総栄ドライフードが見つかって一安心です。

――追記(2019年10月19日)
いまでもフェンは「すごい乳酸菌クランキー(以下、すごクラ)」を食べています。食事量・内容は1日あたり、すごクラ10~20g前後+おやつ少々。さすがに一時期にくらべると「すごクラ」の摂取量は落ちました。飽きたのかもしれません。とはいえ、ピュリナワンなどの総栄カリカリも試しましたが見向きもしませんでした。とりあえず、フェンが食べなくなるまで「すごクラ」を出し続けてみようと思います。

ひとまず、この記事は一段落とします。ありがとうございました。

▼『すごい乳酸菌クランキー』シリーズ