(11)カラスに襲われた子猫 / 諦めなくて本当によかった

スポンサーリンク
天井に飛びかかろうとしている
猫じゃらしと戯れる

先日、フェンと暮らせる物件が見つかったことをお伝えしました。現在、引越しに向けて荷造りをしているところです。

病院の先生には、物件が決まったことをお伝えしていなかったので、報告させていただきました。先生からは「それが一番良いと思います。良かったです。」と言っていただきました。当初、私達がフェンを引き取る考えはありませんでした。いえ、その気持ちが無いわけではありませんでしたが、「ペット不可の物件に住んでいるから無理だ。」と諦めていました。引っ越しをするという考えもありませんでした。ただ、私達とフェンのリミットがどんどん近づき、いろいろな状況も重なり「自分達が引き取ろう」という考えが出てきました。

休憩中
カメラに興味津々

今回、たまたま上手くいっただけだと思っています。実際には上手くいかないことの方が多いと思います。ここまでくるのに多くの人の協力がありました。私達だけの力で成し遂げられるものではありませんでした。

今だから言えることですが、あまりにも上手くいかず、何度も気持ちが負けてしまいそうな時がありました。それでも、途中で止めることはできませんでした。止めることで「フェンとの繋がり」が切れてしまうという怖さの方が大きかったです。諦めなくて本当によかったです。諦めたら本当にそこで終わりでした。行動し続けることが大切なんだと身にしみました。

これまで、消極的な人生を送ってきたように思います。ですが、フェンと出会えたことで積極的になれたような気がします。大きな決断ができたのはフェンのおかげです。これからはフェンのために積極的に行動し続けていきたいです。


これからフェンと生活していくに当たり、色々な物を揃えていく必要があります。フェンが少しでも快適にすごせるように、何が必要か調べるところから始まりそうです。